スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊誌報道を陳謝=閣僚辞任は否定-中井洽氏(時事通信)

 中井洽国家公安委員長は25日午前、首相官邸で平野博文官房長官と会い、知人女性に衆院議員宿舎のカードキーを貸与したなどとする週刊誌報道について事実関係を説明するとともに、「お騒がせして申し訳ない」と陳謝した。
 中井氏はこの後、記者団の「辞任する考えは」との質問に対し、「どうしてですか。全然ない」と否定した。 

敏いとう、国民新党の党歌作る…出馬会見(スポーツ報知)
【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(中)宇宙夫婦、夢がつないだ絆(産経新聞)
<東武ワールドスクウェア>ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
普天間移設、政府2案を与党・沖縄県に提示(読売新聞)
LOVE PSYCHEDELICO全国ツアーにSHIBUYA-AX公演追加
スポンサーサイト

楽天開幕で空自編隊飛行、市民団体が中止要請(読売新聞)

 楽天イーグルスのホーム開幕戦に合わせ、航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)所属の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が27日、仙台市のクリネックススタジアム宮城(Kスタ)の上空を飛ぶことになった。

 初の試みで仙台でのプロ野球開幕に花を添える目的だが、「人口密集地の上空を飛ぶのは危険」として、市民団体が24日、飛行中止を申し入れた。楽天は「安全性に配慮した」と説明している。

 楽天野球団によると、ブルーインパルスは開幕戦直前の午後1時から行われる式典で、5機が編隊飛行する。仙台湾上空からKスタに進み、高度450メートルまで下降する。バックスクリーン側からホームベース側へ飛んだ後、再上昇する。市街地での飛行を規制する航空法にのっとり、アクロバット飛行は行わない。

 ブルーインパルスの飛行をめぐっては、これまでも議論が起きている。愛知県の小牧基地では昨年10月、住民の反対意見から航空ショーを取りやめた。福岡県の芦屋基地では同9月、ショーの騒音への苦情電話が数本あったが、満員の観衆に配慮し、飛行を続けた。

 宮城県内では2000年7月、ブルーインパルス2機が旧牡鹿町(現石巻市)の山林に墜落している。共産党系の市民団体は24日、飛行の再検討を楽天に申し入れ、社民党県連なども楽天や航空自衛隊に中止を申し入れている。

 また、仙台市スポーツ振興課は3月中旬、同基地に「過去に事故が起きており、騒音も想定されるので万が一のことがないように」と口頭で伝えた。県も「安全対策に万全を期してほしい」と連絡している。

 これに対し、楽天スタジアム部は「安全性を十分確保できる高度を飛ぶ。飛行中はエンジンを噴かさないので、付近の方々に迷惑をかけるほどのものではない」と説明する。飛行区域の連合町内会長にも説明し、町内会からは目立った抗議はないという。町内会長からは「見てみたい」との声も出ているという。

 楽天の担当者は「ファンに楽しんでもらえるはず。安全面に十分配慮していることをこれからも説明していきたい」と話している。

首相動静(3月22日)(時事通信)
「温暖化基本法」疑問続々 「日本の成長止まる」 中部大・武田教授が指摘(産経新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
夕映えの二上山と西方浄土(産経新聞)
<爆発>建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)

五輪招致断念 広島市長は苦渋の表情(産経新聞)

 五輪招致検討費の削除を盛り込んだ新年度当初予算の修正案を25日、可決した広島市議会予算特別委員会。「被爆地で開催する意義」を訴えてきた市側に対して、巨額の財政負担に反発する議会側が明確な拒絶を示す格好になった。事実上の招致断念に追い込まれた秋葉忠利市長は、苦渋の表情を浮かべて議会を後にした。

 「市民の代表である議会に何の相談もなかった」。検討費削除を提案した自民系会派の市議は、委員会の冒頭で、招致構想が発表された昨年10月当初からの「ボタンの掛け違い」を指摘。さらに「多額の支出について市民の理解も得られていない」と批判した。

 これに対し、別の市議は「市民の理解を得るための検討費ではないか」などと反論。しかし採決では、出席者53人のうち削除を提案した自民系2会派と、公明などの計28人が同案に賛成、26日の本会議でも可決される見通しとなった。

 約1時間の審議を厳しい表情で見守った秋葉市長は、記者から今後の対応を問われると「(26日の)会見で話します」とだけ答えて足早に議会を去った。

 市の担当部長は「議会が『ノー』を示した以上、予備費を招致検討に流用することも難しい。招致検討委の参加自治体には、明日の議決後に事実関係を説明したい」と話した。

【関連記事】
「非常に残念」と長崎市長 広島市の五輪招致予算削除
広島市の予算削除、五輪をマイナスにみた? JOC、4月に市長と面会へ
広島市が五輪関連費を削除 秋葉市長に大きな痛手
広島市、五輪招致断念? 関連予算を削除案、可決も
“幻の被爆地”北九州市が非核都市宣言 広島、長崎市長もコメント
あれから、15年 地下鉄サリン事件

東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示(時事通信)
インフル患者、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
大阪・松原市、し尿も“ヤミ処分” 年間80トン「処理業者見つからず」(産経新聞)
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官(産経新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)

センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)

 「ここで活躍する姿を見てほしい。ベストを尽くすことが『恩返し』です」--。阪神甲子園球場で20日行われた第82回センバツ開会式のリハーサル。今年1月、心不全のため57歳で急死した元プロ野球投手の小林繁さんが総監督を務めた中学生の野球チームに所属していた敦賀気比(福井)の選手3人が夢舞台を踏みしめた。小林さんから野球の「心」を学んだ3人は、大会初日の21日第1試合、天理(奈良)との初戦に臨む。

 巨人、阪神で投手として活躍し日本ハムコーチだった小林さんは、数年前から福井市に住み、一時期、中学生の硬式野球チーム「オールスター福井」総監督を務めた。「教え子たちが甲子園の優勝旗を持ち帰ることが夢。プロ野球選手を育て、福井県の野球界に貢献したい」と語っていた。

 「野球をするなら、親への感謝を忘れるな」。敦賀気比の3番打者、中尾優斗選手(2年)は高校での寮生活を始めた時に親のありがたさを実感し、小林さんの言葉を思い出した。小林さんは「礼儀は人として大切なこと。両親、指導者、仲間への感謝の気持ちが大事だ」と繰り返し言っていた。

 現役時代、サイドスローからの気迫の投球で知られた小林さん。高原悠介投手(3年)には「球を置きに行くな。腕を振り切れ」と投手の心得を説いた。高原投手はマウンドに向かう時、この教えを心の中で繰り返す。小林さんは、高原投手が高校入学後に腰を痛めたと知り、「高原はどうしている?」と野球部のコーチに尋ね、気遣ったという。

 そんな小林さんを錦織大祐(にしきおり・だいすけ)主将(3年)は「優しい人柄が印象的だった」と語る。「小林さんが(阪神の投手として)プレーした甲子園球場で成長した姿を見せたい」と話し、リハーサルに臨んだ。【高橋隆輔】

福島消費者相、原子力委員人事に署名=社民対応は今後議論(時事通信)
<郵政改革>鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性を示唆(毎日新聞)
3行為の実証研究実施へ―救急救命士の処置範囲拡大で(医療介護CBニュース)
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止-仙谷担当相(時事通信)
米週間アクセス数 フェースブックがグーグル抜き1位(産経新聞)

三笠宮さまが退院(時事通信)

 聖路加国際病院(東京都中央区)で17日に左目の白内障手術を受けた三笠宮さま(94)は18日午前、退院された。 

<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
<鳩山首相>「日米同盟基軸の方針揺るがず」防大卒業式で(毎日新聞)
業績悪化でお花見も自粛 宴会なし、予算カット企業が増加(産経新聞)
<交通事故>赤信号見落とし?パトカーが乗用車に衝突 女性軽傷(毎日新聞)
診療履歴をデータベース化=IT新戦略骨子を決定-政府(時事通信)

JR総武線、千葉―成東で一時運転見合わせ(読売新聞)

 15日午後3時28分頃、JR総武線都賀―四街道駅間で人身事故が発生した。この影響で、同線は千葉―成東駅間の上下線で一時運転を見合わせたが、同4時14分に運転を再開した。

「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)
<トキ9羽襲撃死>犯人はテン、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
盗品クラブ買い取り販売、ゴルフ店経営者逮捕(読売新聞)
高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
橋下知事、朝鮮学校に「公金は出さない」(読売新聞)

<社民・国民新>与党間「調整機関を」 民主に申し入れ(毎日新聞)

 社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長は15日、国会内で民主党の高嶋良充筆頭副幹事長に、連立与党間の政策調整システムを確立するよう申し入れた。政府への政策決定一元化を掲げる民主党に対し、社国両党内に「(両党の)意見が十分反映されていない」との不満が高まっているのを受けた要請だが、高嶋氏は「役員会で報告する」と引き取るにとどめた。

 社国両党は、政策責任者レベルの会合や、幹事長級会談の定例化などを求めた。また、子ども手当法案や高校無償化法案で、民主党が社国両党を飛び越えて公明党との修正協議に踏み切ったことに関し、重野氏は「連立の意思一致をした上で野党と協議するのが順序だ」とけん制した。【西田進一郎】

【関連ニュース】
社民・国民新党:野党協議の前に説明を 民主党に要請へ
高校無償化法案:朝鮮学校も対象で一致 国民新と社民両党
社民・国民新:民主に幹事長会談を要請へ
政界:社民・国民新、幹事長会談を要請へ
高校無償化:朝鮮学校も対象、政府に要請一致--社民・国民新方針

国交省の財団法人課長、勤務中に知人女性に写メール(産経新聞)
ボブ・ディランの新作は「絵本」(産経新聞)
<鳩山首相>公邸入居費用に点検・清掃費281万円含まれず(毎日新聞)
厳しい就活戦線 モバイル駆使、「即時性」加速(産経新聞)
東京大空襲の夜、息子の壕を守り抜いた父(読売新聞)

鳩山邦夫氏との連携考えず=民主党の小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は15日午後の記者会見で、自民党に離党届を提出した鳩山邦夫元総務相との連携について「党の実務を預かる者として、共同して何かという考えは全く持っていない」と否定的な考えを示した。小沢氏は「ご自身の信念に従ってしたことだと思う」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<輪島市長選>梶文秋氏が再選 石川(毎日新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
【二〇三〇年】エピローグ 「百年後の日本」 選び取る未来 自ら開く道(産経新聞)
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車-ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)
<中央市長選>田中久雄氏が無投票で再選 山梨(毎日新聞)

【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(下)戸籍、墓も個人単位(産経新聞)

 ■廃れる先祖への敬慕

 20××年、お彼岸。かつては家族連れが訪れ、お墓の前で神妙に「お参り」していた日本ならではの光景は、過去のものとなった。雑草も生え放題で、代々の先祖が眠る「〇〇家」と記された墓は見捨てられたまま、もう何年にもなる。「無縁仏」同然で誰にも見向きもされなくなった墓が全国各地にあふれているのだ。

 「子供が18歳になったら『家族解散式』をやろう」(『結婚はバクチである』)

 「(別姓の夫婦が多くなれば)外からみると、事実婚なのか、法律婚なのか、分からないと思います。私は、事実婚なのか、法律婚なのか、まったく分からなくした方がいいと思うんです」(『夫婦別姓はいかが』)

 著書に象徴されるように、夫婦別姓を推進する福島瑞穂少子化担当相らの考えに抗する動きが今までなかったわけではなかった。選択的夫婦別姓制度の導入を法務省にある法制審議会が答申・提言したのは平成8年2月。しかし、何度も検討の俎上(そじょう)に載せられたが「日本の伝統文化を壊す」「家族のきずなを壊す」として法案提出は見送られてきた。

 一方で、推進論者が別姓の根拠に挙げていた、旧姓の通称使用も官公庁や一般企業で広く認められるようになった。結婚した女性は名字が変わり、仕事に不都合が生じることがあるためだ。それでもなお、推進論者は「夫婦別姓」の導入を訴え続け、そして民主党をはじめとする与党の圧倒的多数で成立させた-のだった。

 法案成立後、時間がたつにつれて、結婚観や家族観は様変わりした。福島氏が著書で述べたように、別姓導入で「結婚」と「同棲(どうせい)」の垣根がなくなっていき、わざわざ法律婚を選ぶ人は減った。別姓先進国、欧米諸国がそうであったように家庭を維持する義務や努力をきらい、離婚の選択も増えた。福島氏の提唱した「家族解散式」を営む個人が増え、文字通り「結婚は博打(ばくち)」となったのだ。

 選択的夫婦別姓が導入されると、やがて戸籍の個人別管理をめざす「戸籍改革」が掲げられた。戸籍はそれまでの家族の連続性、一体性を記し、未来に残していく証しだったが、その「効能」をふだん実感できる機会は乏しい。

 「戸籍改革」を「戸籍新時代」などと新聞、テレビは大喝采(かっさい)した。政治も進歩的な時流に流されるままだった。「血統」や「家柄」「家」は封建時代の産物と目の敵にされ、「個人」が最重要な価値に置かれた。

 戸籍だけではない。個人別になったのは、墓も同じだった。夫婦別姓を選択することは「〇〇家」という考え自体を否定することにほかならない。だが、日本人がそのことを疑問視しだしたのは、ずっと時間がたった後だった。

 家単位の墓は急速に廃れ、誰も墓参りに来ることがない個人名の墓が増えたことも「個人の自由」となった。かつて日本では「姓」を祖先から受け継がれてきた名称と受け止めていた人が67・2%(内閣府調査)にのぼったが、それも過去の話になった。別姓夫婦の子供たちが増えた結果、もはや祖先という言葉自体が死語同然となった。「ご先祖のお墓を守る」という気持ちも廃れていった結果、墓はただの骨の収容施設で「人は死んだら忘れられる」時代になった。この結果、全国各地に見捨てられ荒れ果てたお墓が増えたのだ。

 日本社会の基礎的な基盤、家族はわれわれにとっての精神的な基盤でもある。その家族のきずなに対立の火種を持ち込むだけでなく、家や墓を通じて先祖を大切にする「敬慕」「追悼」の念すら廃れてしまう恐れが選択的夫婦別姓にはある。制度のメリットを説く推進者の言だけで決めるのではなく冷静な議論が必要なのだ。取材に基づく「未来予想」でそのことを実感した。

                   ◇

 連載は安藤慶太が担当しました。

                   ◇

 この連載へのご意見、ご感想をお寄せください。

 Eメールnews@sankei.co.jp FAX03・5255・6634 郵送〒100-8078 東京都千代田区大手町1の7の2 産経新聞社会部「夫婦別姓」係。お便りには連絡先を明記してください。

【関連記事】
自立からすれ違い…米国の教訓
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰
「結婚は不自由…子供持てば一層」埼玉県教育委員長が発言、すぐ謝罪
ほころぶ家族の絆…お父さんだけ違う姓
夫婦別姓 考えたい子供への悪影響

女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」(産経新聞)
リニア中央新幹線 「ルート選定」開始 交通政策審(産経新聞)
将棋の有吉九段が1000敗目(時事通信)
平成22年度予算案が衆院通過(産経新聞)
愛子さま、5時限目に登校(時事通信)

普天間、検討委打ち切りも=水面下で調整-平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は3日午後の記者会見で、国民新党が米軍普天間飛行場の移設案を決定したことを受け、移設先を協議する政府・与党の検討委員長として「早く候補を決定するプロセスに入っていきたい」と述べた。その上で、検討委員会での論議自体は打ち切る可能性に言及した。政府が目標期限とする5月末までの決着に向け、水面下での調整を急ぐ考えを示したものだ。 

【関連ニュース】
普天間移設、米方針は不変
予算案を酷評=「政治とカネ」参院でも追及
普天間、5月決着に全力=鳩山首相
今後の主な政治日程
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調

池谷氏「当選しないと、やりたいことはできない」民主党公認(スポーツ報知)
トランス社元役員を逮捕=架空増資の疑い-社長らも再逮捕へ・警視庁(時事通信)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
<横浜国際総合競技場>命名権で日産と横浜市が再契約(毎日新聞)
春を味わう「ひな祭り茶会」=京都市〔地域〕(時事通信)

<自民党>与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及(毎日新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相は7日、NHKの各党討論番組で新党結成の可能性を問われ、「そこまで話はいっていないが、民主党に代わる選択肢が本当にあるのか、みんなで考えないといけない」と、改めて意欲を示した。「民主党は政権担当能力がないとみんな思っている。そのために、ここにいる政党がどう行動するかが、これからの政治家の大事な課題だ」とも語った。【田所柳子】

【関連ニュース】
自民党:与謝野氏「新党結成辞さず」…執行部批判続々
与謝野元財務相:確定申告相談会を視察
首相公邸:改修費は474万円 鳩山首相の転居時
与謝野元財務相:債務残高増大、民主党も責任取って
自民党:「予算案」に消費税上げ明示せず

借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に-同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
<船形山遭難>「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)
<鳩山首相>「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)
朝鮮学校除外に反対で一致=社民、国民新(時事通信)
二次医療圏見直しで検討会設置へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

<紅梅・白梅>東京・青梅で3分咲き 関東の気温上昇(毎日新聞)

 晴天に恵まれた5日、各地で午前中から気温が上がった。梅の名所として知られる東京都青梅市の「梅の公園」では、紅白の梅が3分咲きとなった。

【写真特集】かれんな花たち…毎日植物園・冬

 気象庁によると、前橋市や甲府市では最高気温が24度と予想されており、関東地方は4月下旬から5月下旬の暖かさになる見込み。東京都心の午前10時現在の気温は13.1度で平年の最高気温(11.6度)を上回った。

 「梅の公園」には、約1500本が植えられている。入園は午前9時~午後5時で、開花期の入園料は大人200円。見ごろは25日前後まで。【袴田貴行】

【関連ニュース】
【さくら情報2010】少し早いですが…
昇竜しだれ梅:春の訪れ実感 見ごろ迎える--浜松・奥山高原 /静岡
梅:70本が見ごろ--新潟の白山神社 /新潟
鳩山首相:太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔
大寒:太宰府天満宮では飛梅ほころぶ

池袋サンシャインシティで露出や強制わいせつ 容疑の男逮捕「9件やった」(産経新聞)
<明石市歌>“豪華”にCD化 100枚を販売(毎日新聞)
沖縄密約「補償費肩代わり」外務省委認定へ(読売新聞)
携帯に新作マンガ、アニメを配信 バンダイ子会社が3月から(産経新聞)
<教員免許>失効知らず講師採用 三重の県立高(毎日新聞)

子宮頸がんワクチン、公費助成を=女優仁科さんら実行委設立(時事通信)

 子宮頸がん予防ワクチンの公費助成を実現するため、女優の仁科亜季子さんらが2日、実行委員会を発足させた。国による助成の法案化を目指し、署名活動を行うとともに、若い女性に正しい情報を発信していきたいとしている。
 発起人は文化人、患者団体代表者、医療・教育関係者ら。仁科さんと、土屋了介国立がんセンター中央病院長が共同代表を務める。
 38歳の時に子宮頸がんを発症した仁科さんは、子宮や卵巣を全部摘出。手術から18年以上たった今も後遺症に悩んでいるとし「がんにならない方が絶対いい。ワクチンは神様からの贈り物だと思う」と強調した。 

<10年度予算案>年度内成立へ 3月2日衆院採決(毎日新聞)
<チリ地震>医療チーム派遣 鳩山首相が方針(毎日新聞)
【社説検証】民主党敗北 小沢氏喚問求める産経 朝日は利益誘導を批判(産経新聞)
<ニュートリノ>295キロ離れた所で検出に成功(毎日新聞)
学生寮、不況で復権 家計に配慮、自ら希望(河北新報)

【無名録】「怒る指導者は嫌い」(産経新聞)

 草野球の聖地、明治神宮外苑のバッティングセンター。「そうだ、そのポイント」「目が覚めてきたな、いいバッティングだ」。小学生が打っているゲージの後ろから一球ごとに声がかかる。打ち終わると、今度は解説。「調子が悪い? ON(王・長嶋)のような一流は調子に関係なく試合に出なければいけないんだ。一流になれ」。姿勢を正した親も一緒だ。荒川博さん(79)の言葉では背筋も伸びるはずだ。

 「世界の王」を育てた伝説の打撃コーチ。「グラウンドではまじめだったけど、それくらいではだめだ」。合気道も居合も取り入れ、二人三脚の猛練習。師弟とも若く、50年近くも前の話だ。

 「子供は素直で教えれば教えるだけ伸びるから楽しいね。好きなことをして感謝されて、気分爽快(そうかい)だよ」。10年以上前、知人から子供の指導を頼まれて、バッティングセンターでの「寺子屋」が始まった。週4日の夕方だけで、教え子は約15人。謝礼は「お任せ」だが、週2回は参加し、200発は打たないと指導はしない。「1000発打てっていってるけど、プロでも無理だけどね」。

 取材の日も小中学生6人の指導をしていたが、大半がスイッチヒッターで、素人目にも驚くほど、うまい。140キロの速球もほとんど打ち損じない。荒川さんの指導も巧みで、厳しい雰囲気だが、その一角だけが明るい。

 「少年野球で怒る指導者がいるけど、嫌いだね。下手をうまくするのがコーチの役目。おれのいうことを聞いて打てないなら、おれのせいだ」

 教え子一人一人の話を始めると止まらない。甲子園や東京六大学どころか、プロに入った選手もいる。間もなく開幕する春の選抜にも出場する。

 「そりゃ、成長は楽しみだよ。王を超えろ、メジャーに行けっていっているんだ。4~5年後にはそういう選手が出るかもしれないな。まだまだ、死ねねぇ」(将口泰浩)

【関連記事】
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁
日本ハム・中田が熱血指導「しばくように」
楽天・ブラウン監督、鬼キャンプを予告!
桑田さんの父の冥福祈る 少年野球の教え子ら弔問
野村克也VS三屋裕子(2)大切なのは考えること

ミラノコレクション開幕、3月2日まで多彩に(読売新聞)
劇団ふるさときゃらばんが破産=全国各地で公演、負債6億円(時事通信)
<自民党>中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で(毎日新聞)
たたき上げ警視、定年まで35日で盗撮!退職金パ~?(スポーツ報知)
<東京メトロ>エレベーターに一時9人閉じ込め 市ケ谷駅(毎日新聞)

いじめ動画放置、グーグルに有罪判決…イタリア(読売新聞)

 【ローマ支局】イタリア北部ミラノ地裁は24日、インターネット検索大手の米グーグル社が運営していた動画サイトで、子供がいじめられている様子を撮影した動画を放置したとして、プライバシー侵害の罪で、いずれもイタリア国外在住の同社幹部社員と元幹部の計3人に禁固6月の執行猶予付き有罪判決を言い渡した。

 AFP通信などが伝えた。投稿動画に関してインターネットプロバイダーの刑事責任を認定した判決は異例。同社の広報担当者は「表現の自由を侵害する驚くべき判決」と話しており、被告側は控訴する方針だという。

トレーラー追突、6台玉突き=4人死傷、運転手を逮捕-新潟(時事通信)
【追悼】ディック・フランシス 文芸評論家・池上冬樹(産経新聞)
<直木賞>選考委員、五木寛之さんが辞意(毎日新聞)
首相動静(2月26日)(時事通信)
大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。