スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可視化研究会、5日から=捜査手法の向上も議論-警察庁(時事通信)

 警察庁は28日、有識者による「捜査手法、取り調べの高度化を図るための研究会」を来月5日に立ち上げると発表した。取り調べの録音・録画(可視化)のほか、おとり捜査や司法取引、通信傍受などの導入と拡充について議論し、2年後をめどに結果をまとめる。
 研究会は中井洽国家公安委員長の委嘱機関。委員は、久保正行元警視庁捜査1課長や前田雅英首都大学東京教授(刑事法)、小坂井久弁護士をはじめ、元検事や元裁判官、ジャーナリストら12人。 

未公開株話、巨額集金か 金商法違反 警視庁が近く本格捜査 (産経新聞)
妊娠とウソ、30万円脅し取る…50歳女逮捕(読売新聞)
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発(産経新聞)
木嶋被告二つの顔、偽肩書で「婚活」…連続不審死(読売新聞)
中国軍拡、透明性必要=北沢防衛相「懸念は日米共通」-鳩山首相(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。