スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主力級の種牛5頭の検体、陰性と判明(読売新聞)

 宮崎県は1日、新たに西都市などの6農場の家畜が口蹄疫に感染した疑いがあると発表した。

 これで発生(疑い例も含む)は2市5町の253施設、殺処分される家畜は計16万9881頭に達した。

 一方、経過観察中の主力級の種牛5頭から5月31日に採取した検体は、ウイルス検査の結果、陰性だった。

ストラーダポケットは機能強化でフルナビと遜色ない性能に
福島社民党首「連立離脱極めて残念」会見要旨(読売新聞)
ネット選挙解禁法案を決定=今国会で成立目指す―与野党(時事通信)
社保事務所元職員が残業代支払い求め国を提訴 大阪地裁堺支部(産経新聞)
鳩山首相が宮崎入り…東国原知事と会談(読売新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。